フリート契約自動車保険。徹底的なサービスで保険料優良割引の最高値「70%割引」を目指します

文字サイズ
標準サイズ
大きいサイズ

ホーム > 法人向けの保険 > フリート自動車保険


フリート自動車保険

資料請求

お問い合わせ

優良割引の最高値”70%割引”
目指します。

フリート自動車保険料を軽減するには、3つのポイントがあります

ポイント1 代表的な保険会社数社※1の保険料比較をとること。
用途・車種・年度により、各保険会社ごとに得意・不得意※2があります。
ポイント2 フリート契約の優良割引の最高値”70%割引”※3を数年掛けて計画的に目指すこと。無理のない実行可能な計画書を立てましょう。
ポイント3 計画書にそって安全講習会※4を開催。ドライバーだけでなく、全社員の意識を改善し、会社全体の利益のための運動を年間とおして徹底的に実行します。

フリート自動車保険料を軽減するには、3つのポイントがあります

「まかせてよかった!」 大好評

世田谷住設機器株式会社 代表取締役社長 栗栖 宏充 様

世田谷住設機器株式会社
代表取締役社長 栗栖 宏充 様

1994年、ダイレクトメールを受け取り、早速診断していただきました。
初めて指摘される事ばかりだったのを、良く覚えています。
当時、30%割引を毎年上下する状態でしたが、遠井保険事務所から「4年間で最高の70%割引まで到達させましょう」とプランニングしてもらい、早速契約しました。事故後の処理はもちろん迅速でしたが、ビフォアーサービスの徹底ぶりには全社員の意識が確実に変わりました。普段から事故を起こさない事が会社の為だけでなく、家族や自分自身にとっても大事な事だと繰り返し講習していただきました。 1998年9月には、見事70%割引を達成。社員に還元する意味で以後の新車購入時にはエアコンを標準装備させることにしました。

脚注の説明

※1 代表的な保険会社

弊社が考える代表的な保険会社とは、

1)
財務能力が高い
  • 弊社では格付け会社S&P社にて、A+(エープラス)以上であり、損害保険契約者保護機構に加入した保険会社をご案内しております。
  • 自動車保険に加入する場合、保険会社の財務能力を確認しなくてはなりません。もし、事故時には存在した保険会社が、示談交渉の最中に破綻してしまったら。事故以前に破綻した場合ならば、別の保険会社にて加入し直せば安心は出来ますが、事故が起きてしまった場合には、保険会社を選び直す事は出来ません。
2)
歴史があり、社員教育がしっかり施されている
  • 金融ビックバンの影響で、新しい保険会社が増えていますが、事故時の対応にはしっかりとしたトレーニングを積んだ社員に担当してもらいたいものです。残念ながら、歴史の浅さを感じさせる保険会社も存在します。
3)
全国に事故時のネットワークが完備されている
  • 事故時の示談交渉や損害確認はスピードが肝心です。
  • 自動車は全国を走る可能性があり、事故時の相手が遠隔地からやってきている場合もありますが主要10都市だけにしか事故対応センターを設けていない保険会社も存在します。

ページの先頭へ

※2 各保険会社ごとに得意・不得意

自動車の種類によって、割安な保険会社は変わってきます。

営業車が中心
トラックが中心
軽自動車と二輪車が中心

ページの先頭へ

※3 優良割引の最高値”70%割引”

いきなり70%割引まで進むことは出来ませんが、無理のない計画を立て、数年間掛けて最高値70%割引を目指します。

1)
現在の契約内容に無駄や矛盾が存在しないか精査します。
2)
ポイント1に則り、ベストプライス社を調査し提案致します。
3)
過去の事故状況を分析し、問題点を解析します。
4)
過去状況を参考に、計画書を作成します。
5)
無事故推進プログラムの提案・安全講習会の開催。

※上記1)~2)は無料にて提供致しますが、3)~5)は有料のサービスになります。

ページの先頭へ

※4 安全講習会(有料です)

遠井保険事務所が誇るビフォアーサービスの中で、確実に効果を上げ、好評いただいているプログラムが自動車安全講習会です。

1)
少人数によるミニ講習会
  • 少人数で、繰り返し繰り返し開催することが効果的です。
2)
講習時間のメニューが豊富
  • 全体朝礼での5分間から、全体会議での2時間まで自由に構成できます。
3)
営業所が点在する場合はFAXニュースを導入し、各営業所も本社と同じ様に啓蒙活動を取り入れていただくことが出来ます。
  • FAXニュースの制作・配信の為の事務局作業も代行致します。
4)
年間2回、計画書に即した保険使用状況を発表し、問題定義します。
5)
貴社車両を登場させた、ヒヤリ・ハットDVD(ビデオ)を制作します。

ページの先頭へ



このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には当社までお問合せください。弊社は、損害保険の契約締結代理権を有しており、生命保険に於いては契約締結の媒介を行うことができます。

Copyright (C) ほけんのABC All Rights Reserved.